食と観光で世界を魅了する「かごしま」の地元定着促進プログラム

活動報告

活動報告

卒業生と在校生の交流ワークショップを開催しました(5/21)

[2016.05.31]

presentation-4groupwork-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月21日に、卒業生と在学生との交流ワークショップが鹿児島大学学習交流プラザで開催しました。

地元企業に就職した卒業生から、就業後に求められる(必要とされる)能力や資質、在学中に学修すべきことや大学生活の過ごし方などについて生きた情報を得ることにより、就職活動に向けた有効な対策のヒントを在学生が得る機会とするとともに、今後の大学教育や就職支援の充実に資することを目的として企画しました。

 地元企業等に就職している卒業生8名と鹿児島大学をはじめとする県内大学から17名の学生が参加しました。

 はじめに産学官連携推進センターCOC+推進部門長の井上佳朗特任教授による開会の挨拶の後、卒業生の自己紹介に続いて、卒業生2名から これまでの経験を踏まえた在学生への熱いメッセージが送られました。

 その後、今後の教育や就職支援のあり方などについてグループワークが行われ、COC+教育プログラム関係教員をファシリテーターとして、卒業生と在学生がそれぞれの立場からディスカッションをしました。終わりに各グループから人間力やコミュニーション能力を磨くための授業科目などについて発表をしてもらいました。

 前のページへ戻る