食と観光で世界を魅了する「かごしま」の地元定着促進プログラム

活動報告

活動報告

平成28年度COC+外部評価委員会が開かれました。

[2017.03.23]

平成29年3月21日(金)13:30~15:30、鹿児島大学産学官連携推進センターにおきまして、平成28年度のCOC+外部評価委員会が開催されました。

放送大学鹿児島学習センター所長 菅沼俊彦先生、南日本新聞編集局 藤田一知編集本部、日本政策投資銀行 中村航洋南九州支店長、琉球大学地域連携推進機構産学官連携部長 屋 宏典先生に、外部評価委員として今年度の実績評価をおこなって頂きました。学生の地元就業の定着化に向けた取組みに対し、忌憚ないご意見ご質問等を頂きました。

 学生が地元企業を知らないこと、学生の保護者に向けた企業説明会の有効性についてご意見を頂き、また、今年度鹿児島大学COC+事業で開講した『地域就業キャリアデザイン』の講義で、自治体の職員や地元企業人を講師に招き講義が行われた事、学生の10年後自分をキャリアを想像しながらの30歳前後の企業人(鹿児島大学OB・OG)との意見交換などは高く評価されました。

 

 

 前のページへ戻る