食と観光で世界を魅了する「かごしま」の地元定着促進プログラム

活動報告

活動報告

日置市及び霧島市職員による地方創生特別講義を開催しました(2017/2/15)

[2017.03.09]

 平成29年2月15日(水) 文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の一環として、日置市、霧島市職員の方が特別講義を行いました。

 本講義は、本科1年生を対象に国やそれぞれの市の現状や課題などを伝え、地方創生に対する理解と地元定着を図るために企画したものです。

 今回、市の職員の方から直接お話を聞く機会を得られたことは大変貴重なことであり、アンケート結果からも、「市が地方創生という取組みに様々な工夫を施していることを初めて知った」「地方の人口減少は自分が思ってるよりも深刻なものなんだと思った」などの声が多く聞かれ、鹿児島が抱える課題や地方創生への取組みに対して様々な思いを抱いた学生の様子が見受けられました。

            

 前のページへ戻る