食と観光で世界を魅了する「かごしま」の地元定着促進プログラム

COC+大学 鹿児島大学

学長メッセージ

maeda_026s今日、人口減少をはじめ、地域社会の諸課題に対し、産学官金が総力を挙げて取り組むことが求められています。地(知)の拠点大学である本学は、県や企業等と連携を取りながら、COC+かごしまキャリア教育プログラムを強力に推し進めていきます。この教育プログラムでは、地元社会や企業等からの要望などに基づいたきめ細やかな教育を実施します。

授業では、コミュニケーション能力や問題処理能力といった学士力だけではなく、地元鹿児島で就職したいという「地域マインド」、経営的センスや創造性あるいは鹿児島の地域資源・産業に対する専門的知識などの「地域就業力」を備えた学生を養成します。また、専任のコーディネーターを置き、学生と企業のマッチングにも取り組みます。

かごしま学卒者地元定着促進協議会 議長 鹿児島大学長 前田芳實






鹿児島大学のカリキュラム例

「地域就業キャリアデザイン」「地域キャリアインターンシップ」

学生は目標を持ち自覚的に人生を歩んでいくための基礎的な考えを修得し、4年間の受講計画を立てます。県内企業で3〜4週間の実習を経験し、企業や地域社会が求めるものを理解し、地域就業力を磨くことができます。


鹿児島大学への
お問合せ

担当部署

鹿児島大学
産学官連携推進センター COC+推進部門

住 所

〒890-0065 鹿児島市郡元1-21-40

電 話

099-285-6487

FAX

099-285-8495

メール

plus01@gm.kagoshima-u.ac.jp